政策措置|最高奨励金は1億元に達することができる!南沙がバイオ医薬9条を発表
発表者:医学博覧会 発表日:2024-05-17 読書数:59



このほど、広州市南沙区でバイオ医薬産業の質の高い発展を推進する大会が開催され、南沙開発区管理委員会、南沙区人民政府は会議で「広州南沙でバイオ医薬産業の質の高い発展を加速させる意見」と「広州南沙でバイオ医薬産業の質の高い発展を促進するための支援方法」を発表した。

質の高い発展

2026年までに産業規模500億元超を目指す

『生物医薬高品質発展意見』は南沙の今後数年間の生物医薬産業に関するシステム計画と配置配置であり、発展目標、重点コース、空間配置、着地措置の四つの方面に関連している。

第一に、影響力のある国際的な医療健康高地の構築に力を入れている。

南沙は国から与えられた改革の試行任務と省、市の支持政策をしっかりと捉え、研究開発、製造とサービスを共に重視することを堅持し、薬物、医療機器、医療サービスなどの分野に焦点を当て、研究開発、臨床、製造、要素と生態をカバーする生物医薬の全産業チェーン政策の支持体系の構築に力を入れている。

目標は:2026年までに、企業1000社以上を集め、産業規模が500億元を超えることを目指す、新規産業キャリアは100万平方メートルに達した。南沙を「大湾区医薬港」とし、影響力のある国際医療サービスの高地にする。

第二に、重点細分コースに焦点を当て、全力で「4+2+2」産業システムを構築する。

「4」とは、革新薬、新型ワクチン、高価値消耗品、体外診断を含む4つのハイエンド医薬機器産業の細分化コースを指す。最初の「2」は2つの最先端技術革新極を指し、それぞれ細胞と遺伝子治療と脳科学である。2つ目の「2」は南沙の特色を持つ有名な産業ランドマーク名刺を2枚作ることで、それぞれ眼科と抗腫瘍である。

第三に、「一城三渓六園」産業空間配置の構築を加速させる。

すなわち、高基準計画による国際医療健康城(1城)の建設、「生物谷、珠江革新谷、健康谷」などの集積区の建設(三谷)を全力で推進する。「広東医谷、中大薬谷、復旦創新園、横沥生物医薬産業園、生命健康産業園、広州産投デジタル経済と生命科学産業園」専門園区の建設(六園)を加速する。

第四に、「六大プロジェクト」の難関攻略行動を実施する。

南沙の現在の生物医薬産業の発展の短板問題に焦点を当て、プラットフォーム構築、企業誘致、空間向上、政策支援、金融賦能、産業協力などの「6大プロジェクト」を系統的に実施し、チェーンを強化し、優れた育成を強化し、最大の勇気と決意で資源要素の合理的で効率的な配置を推進する。

生物医薬九条

最高奨励金は1億元に達する

完備したトップダウン設計には完備した政策体系が支持を提供する必要があり、南沙は会議で「生物医薬産業の高品質発展促進支援方法」(「生物医薬九条」と略称)を発表した。もし『意見』が南沙の生物医薬発展の「綱」であれば、『扶助方法』は「目」であり、要約は目を開き、南沙は生物医薬産業の質の高い発展を系統的に推進する。

2022年6月、国務院が『南沙方案』を印刷・配布した後、国家、省、市は続々と南沙を支持する一連の政策を打ち出し、南沙が生物医薬産業を発展させて「春」を迎えた。南沙は業界の声を幅広く聴取し、政策コンサルティングを展開し、時計の先進地域に対して、南沙の実際の基礎を結合した上で、土地の事情に応じて『生物医薬九条』を提出した:

第1条は細胞と遺伝子技術の応用奨励である。

南沙は国家政策の呼びかけに応え、さらに細胞と遺伝子治療の面で大胆な革新、先行試験、特色の形成を奨励した。具体的には「両支持一奨励」と要約する:細胞と遺伝子治療企業の制限細胞移植治療技術の臨床応用を支持する、香港・マカオ企業のヒト幹細胞、遺伝子診断と治療以外の医学研究の展開を支持する。同時に、外資企業が遺伝子診断と治療技術の開発と応用を展開することを奨励し、その外資参入資金額の2%の割合で奨励を与える。

第二条はトップ企業の奨励金である。

頭部企業の南沙への新規生産、研究開発基地の投資に対して2億元以上を固定投資し、固定投資の10%奨励に基づき、最高1億元に達することができる。

第3条はクリーン生産現場の建設奨励である。

面積が1000平方メートルを超え、500万元以上を固投した場合、購入または賃貸場所に応じてそれぞれ25%、15%の奨励金を与える。

第四条は臨床試験奨励金である。

1つ目は、企業の獲得感を高めるために、企業は臨床試験の許可を得ると、奨励金を得ることができ、1類奨励金200万、2類薬物奨励金100万、第二に、産業化を奨励し、広州市の企業臨床試験研究開発補助金支援政策に基づいて、南沙区は第III期臨床試験を完了した1類、2類薬物にそれぞれ1500万、800万を重ねて奨励した。

第5条は登録証奨励金である。

南沙は第3類医療機器登録証に300万の奨励金を与えた。革新型医療機器に重点的な関心を注ぎ込み、第2類、第3類革新型医療機器登録証に対して、それぞれ100万、500万を奨励した。

第6条は研究開発生産現場の賃貸料補助金である。

一定の研究開発投資力と市場開拓能力を備えた企業が運営コストを削減し、3年連続で賃貸料の50%を補助することを目的としている。

第7条は新物質成長奨励である。

生物医薬企業が新物質生産力の「主力軍」になることを奨励し、新たに2000万の工業生産額を追加するごとに10万の奨励を与え、上限を閉ざさない。

第8条はCRO/CMO/CDMO企業奨励金である。

バイオ医薬産業生態の構築を加速させ、プラットフォーム企業を通じて産業化プロセスを支援し、CRO/CMO/CDMO企業に対して、契約決済金額の5%で奨励を与える。

第9条はシーン応用奨励金である。

南沙区のハイエンド医療機関、科学研究機関が相対的に集中している特徴に対して、区内の医療、科学研究機関と生物医薬企業の相互作用の活力をさらに引き出し、市場の場面を十分に解放することに力を入れている。一方、契約決済額の1%に基づいて機関に奨励金を与える、一方、新薬の臨床試験サービスを提供する機関には、サービス収入額の5%で奨励金を与える。